お知らせ
ホーム>お知らせ>投資信託振替制度について

平成19年1月4日

お客様 各位

新生インベストメント・マネジメント株式会社

投資信託振替制度への移行について

弊社が設定・運用するファンド(マザーファンドは除きます。)は、平成19年1月4日より、投資信託振替制度に移行したため、移行後のファンドの受益権は「社債等の振替に関する法律」の規定の適用を受けることとします。

※政令で定める日以降「社債、株式等の振替に関する法律」となった場合は読み替えるものとします。

 

◆投資信託振替制度とは

・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。

・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)への記載・記録によって行なわれますので、受益証券は発行されません。

 

以上